食欲を抑えるレプチンが効かなくなる仕組み

2015年01月15日



レプチン抵抗性が起こる仕組みはよく分からなかったのですが、謎を解く物質が発見されたようです。



それが脂肪細胞が分泌するSOCS-3というタンパク質です。



食欲をつかさどる視床下部の神経細胞にはレプチンをキャッチする受容体があります。



レプチンを受け取った細胞内では、ドミノ倒しのように物質が連鎖的にメッセージを伝えるサイトカインカスケードといわれるものが起動します。



最終的に細胞核の遺伝子の情報を読み出して、食欲を抑えるというレプチンの命令を実行します。



SOCS-3はこの伝言ゲームを途中で邪魔するために、レプチンの効き目が悪くなるのですね。



レプチン同様、血糖値が高くなる2型糖尿病では、血糖値を下げるインスリンというホルモンが出ているのに、効き目が落ちるインスリン抵抗性が起こります。



SOCS-3はこのインスリン抵抗性にもかかわっています。



空腹での運動はSOCS-3を増加させてしまいますので、食後に運動することで増加を抑えることができます。







ダイエットをする人が気にするのはリバウンド。



食欲と戦って頑張って痩せても、しばらくして食欲に負けて食事量が増えてしまいます。



その結果、多くのケースではダイエット前よりもむしろ体重が増えると言う悲しい結末を迎えます。



このリバウンドの元凶になっているのもレプチンです。



れプリンの分泌量は体脂肪の量に比例しますから、食事量を減らすとレプチンの濃度はダウンします。



そして体脂肪が減るとレプチンの分泌量はさらにていかします。



レプチンは食欲を抑える働きがあるので、レプチンが減るほど食欲が高まって、いずれ我慢できなくなって食べ過ぎるのです。







レプチンの罠に陥らないコツは、短期間で無理に痩せようとしないこと。



レプチンの減少は減少期間が短いほど急激に起こって、12日間で体重を20%減らすと血中のレプチン濃度はおよそ1/4に減ります。



短期的ダイエットほど、レプチンの刺激からリバウンドの危険が高まるのです。



また食事を抜かずに1日3食食べることも大事です。



3日間の絶食で毛中のレプチン濃度は1/4に減りますが、再び食べ始めると12時間以内に元に戻ります。



再び食べ始めると12時間以内に元に戻ります。



低カロリーに抑えてもレプチンが分泌されます。



朝食や優勝kを安易に抜いたりしないで、3色きちんと食べながらカロリーを減らして、時間をかけてコツコツと痩せるのがポイントですね。
  

Posted by opiter4ds8 at 01:09Comments(0)

食欲コントロールがダイエットの要

2015年01月15日



飽食の現代では目の敵にされているけど、体脂肪は飢餓に備えたセイフティネットなんですね。



狩猟採集に頼っていた大昔は、食べ物がまったく手に入らない日々が長引くことも珍しくはなかったんです。



そんなときは体脂肪を分解して、エネルギーを得て飢えをしのいでいたんだそうです。



ただ体脂肪が増え過ぎると体重が増えて生きるために必要なエネルギーが増えてしまいますし、動きが鈍くなって狩猟採集もおぼつかなくなります。



だからカラダには体脂肪が増え過ぎないように調整する仕組みがあります。



その中枢を担うのが、全身の脂肪細胞が分泌するレプチンというホルモンです。







体脂肪の蓄積度合いを決めるのは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。



両者のエネルギー収支がプラスに傾くと余ったカロリーは体脂肪となって脂肪細胞に蓄積されます。



逆にエネルギー収支がマイナスになると、それを補うために体脂肪が分解されて減ります。



レプチンは全身の代謝をつかさどる脳の視床下部に働きかけることで、摂取カロリーと消費カロリーを調整するのです。



視床下部で食欲をコントロールするのは、神経細胞が分泌するアミノ酸化合物、神経ペプチド。



摂取量を増やす神経ペプチドにはNPYやAGRP、摂取量を減らす神経ペプチドにはαMSHやCARTがあります。



レプチンは摂食量を増やす神経ペプチドを抑えて、摂食量を減らす神経ペプチドを増やして食欲を抑えます。







同時にレプチンは視床下部にある自律神経の中枢を刺激します。



カラダの活動的に整える交感神経を優位にして、筋肉の代謝を活性化して消費カロリーを増量します。



エネルギー収支を赤字にして体脂肪を減らそうとします。



肥満とは単に思いことを指すのではなくて、体内に過剰に体脂肪が溜り過ぎた状態です。



体脂肪を減らすレプチンが本来の役割を果たしてくれたなら、誰も太ったりしないんですね。



レプチンが発見されたときには、レプチンを投与すれば肥満は速やかに解消されると期待されましたが、そんなに簡単なことではなかったんですね。



体脂肪が増えるほど、脂肪細胞からのレプチンの分泌も増えますが、太った人ではレプチンが分泌されても十分に聞かないレプチン抵抗性が起こることが分かったのです。
  

Posted by opiter4ds8 at 01:08Comments(0)